上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC041472.jpg

7月に亡くなったダンナのお祖母ちゃんの骨納めのため、高野山へ行ってきました。

PC041484+.jpg

お祖母ちゃんの子供、孫、ひ孫とすごい人数です。

ちなみにダンナは初孫、fumikaは初ひ孫、そして末孫(ダンナのいとこにあたる)はfumikaより年下…

ややこしいょ~(笑)

私とは血は繋がってないけど、私の子供らとは繋がってる。

そうして、お祖母ちゃんの家族はこんなに沢山になったのね。

お祖母ちゃんは亡くなってしまったけど、またその子孫が枝のように増えていく。

当たり前のことだけど、すごいことです。



PC041486.jpgPC041488.jpgPC041487.jpg
一の膳、二の膳、三の膳と、精進料理とはいえ美味しくお腹がいっぱいになりました。




奥の院
PC041480.jpg

夏に比べるとツアー客が少ないようで…この季節にお参りするのもいいですね。



法事が終わった後ちょっと寄った 金剛三昧院
PC041498.jpg
PC041499.jpg
PC041501.jpg
PC041502.jpg
こちらでは今一番の願い事をしてきました。




7月に行った時に買った森下商店の生ごま豆腐を今回も買って帰るつもりでしたが

粗供養として「濱田屋」の生ごま豆腐と「かさ國」の御菓子を頂いたので

PC041511.jpg PC041509.jpg

LoveAsianさんが紹介されてた「上きしや」のやきもちを買いました。
PC041490.jpg
(姪っ子しぃちゃん、久々に後ろ姿で登場♪)


PC041508.jpgPC041514.jpg
お餅が薄くて柔らかく、粒あん嫌いな私にもアッサリと甘すぎず美味しかったですvv

これからは高野山に行ったら“やきもち”が定番になりそうです




慌てて書いたせいか、まとまりのない日記になってしまいましたが

明日も仕事なので、もう寝ます。





いつもありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

長い間行けてなかった義父の喉仏さんが眠る高野山へ
お義母さんと一緒にお参りしてきました。
三連休の初日のせいか道が混んでて、結局3時間強もかかった
普通だったら、3時間あったら何処まで行ける?
P7160097.jpg
この日の朝8時頃のウチの室温30度でしたが、
高野山は一番暑いはずの午後2時頃で22度くらい
DSCN4093.jpg
木陰を歩いてると爽やかです。
鳥の鳴き声が心地いいです。
それでも日なたでは汗ばみますが...
DSCN4089.jpg

お参りした後はいつものように義父のお墓用に高野槙を買い・・・
fumikaの好きな和三盆とミルクプリンのような
DSCN4125.jpgDSCN4111.jpg
生のごま豆腐。
DSCN4112.jpgDSCN4109.jpg
私はあまりごま豆腐は好きではなかったのですが、半年ほど前にA子が買ってきてくれて
「生だとこんなに美味しいのかぁ~」と感動したのです。

A子が買ってきてくれたのは見つけられませんでしたが
これも美味しかった~♪




【続きを読む】

P1060236.jpg

これが最後の『和歌山へ』です。
もう少しお付き合いくださいませ

滅多に高速に乗って遠出することはないので、阪和自動車道のサービスエリアも楽しみました。

まずは高速に乗ってすぐですが・・・
岸和田SA下りにて、「岸和田の水茄子入り食べるラー油」
DSCN3639.jpg
泉州といえば有名なのが水茄子。その水茄子が入り、瀬戸内産のいりこの風味で仕上げた
オリジナルの食べるラー油。(110g入り)630円
ここだけの限定(上り線では売ってない)という言葉に弱いです
まだ食べてないけど、具だくさんの味噌風味で辛さ控えめらしい。


お昼は紀ノ川SA下りにて。
「紀州梅鶏のホイル焼定食」
DSCN3565.jpg
「めはり寿司定食」
DSCN3563.jpg

帰りは岸和田SA(上り)で晩ごはん。
下り線でもらった高速道路グルメマガジンで見た『地産地消メニューコンテスト』の
準優勝に輝いたという「泉州煮穴子とアサリ飯の丼御膳」が食べたいとダンナさまがおっしゃいますので~
ところが「ご好評により本日は売り切れました」でした。ザンネン
でも、1日30食限定の「泉州穴子と万能野菜の丼」はありました。
DSCN3626.jpg
私は「泉州たまねぎのカレーうどん」
DSCN3629.jpg

どれも美味しかったです
最近の高速道路のSAって楽しいですね~
やっぱりETC付けて、SA巡りしたいなぁ~。。。
P1060228.jpg

さて、湯浅町湯浅伝統的建造物群保存地区の“角長”さんです。

DSCN3601.jpg

天保12年(1841年)創業。
慶応2年(1866年)に建てられた職人蔵には、町指定文化財である醤油醸造用具が展示されています。
DSCN3603.jpg

お宝の宝庫ですね。
DSCN3605.jpg
こういう道具が処分されずにそのまま残ってることに感動します。
DSCN3608.jpg
DSCN3609.jpg
DSCN3610.jpg
建て直す前のおばあちゃん家を思い出しました。
DSCN3611.jpg

行ったのが遅かったので、ゆっくりは回れませんでしたが
おばあちゃんが軒先のベンチに座り談笑されてたり
行き交う人の雰囲気を見ると、とても懐かしく思います。
古きよきものを大事に守り続けてる素敵な町です。
もし、お近くに行くことがありましたら是非一度立ち寄られてはいかがでしょうか。



しつこいですが、次回 高速SA編へ続きます。。。
「なずな」さんを後にし下道を走って少し行くと町のあちらこちらに湯浅醤油の醸造所やお店が目につきます。
  (↑リンク欄に貼らせて頂きました♪)

こちらでは、事前に予約しておくと工場見学もさせてもらえるらしいです。
DSCN3574.jpg
私たちは行き当たりばったりでしたので、お店の方へ。
DSCN3638.jpg
醤油ももろみ味噌も味見ができ、気に入ったものが買えます。
一袋100円のみかんも買ったのですが、甘くて美味しかったです♪

工場の前に飾られていた古いお宝です。
DSCN3576.jpgDSCN3577.jpg
DSCN3584.jpgDSCN3579.jpg
そして、こちらに置いてあったパンフレットで行ってみたい場所を発見♪

『湯浅町湯浅伝統的建造物群保存地区』
写真が多いので抜粋して・・・それでも多いょ~
DSCN3585.jpg

この町並みにはやっぱりこの郵便ポストですよね。
DSCN3591.jpg

白いスクーターに目がとまる“太田久助吟製”さん。
建築年代は江戸後期。元は醤油醸造家でしたが、現在は金山寺味噌の製造をされています。
DSCN3592.jpg

古い蔵の2の文字に心惹かれ立ち止まります。
DSCN3596.jpg

北町茶屋“いっぷく”さん。
江戸後期の民家を改装したそうです。
DSCN3619.jpg

1軒1軒がギャラリーのよう。
“せいろミュージアム”と言い、町並み全体を民族資料館に見立てて
湯浅にゆかりのある詩歌や古民具をせいろや麹作りに使うもろぶたを使って展示しているそうです。
DSCN3599.jpgDSCN3595.jpg
DSCN3618.jpgDSCN3598ss.jpg

一番初めに野菜を少し買った岡正さんで教えて頂いた“甚風呂”
自転車に乗ったおばちゃんにも
「4時までやからもう閉まってるけど、行ってみてね~」と言われました^^
DSCN3613.jpg
P1060254.jpg
DSCN3615.jpgDSCN3616.jpg
これが銭湯?ぁあ~入ってみたかったぁ~
現在は建物内部を保存・復元し、往時の生活様式を伝える資料館として公開されてるそうです。

後、“角長(かどちょう)”さんという古い醤油醸造所を紹介したいのですが
写真が多くなりますので、Partを分けたいと思います

お楽しみに~
ぇ?・・・もうエエってか・・・
まぁまぁまぁ、そうおっしゃらずに。。。

12月19日(日)
ずっとずっと行きたかったお店にやっと連れて行ってもらいました
和歌山県日高郡にあるなずな』さんです。
DSCN3573.jpg
こちらのお店、私の好みじゃないものなんてひとつもないんです。
DSCN3568.jpg
大事に長く使っていけるシンプルでよいモノばかりです。
DSCN3567.jpg
什器として使われてる古い家具も全てが、本当に好きなモノばかりです。
DSCN3569.jpg
ディスプレイにもセンスを感じます。
DSCN3571.jpg
見ごたえのある品数なのに、何故かゴチャゴチャ感がありません。
DSCN3570.jpg
もうずっといたい。。。
DSCN3572.jpg
ダンナにお願いしたい・・・私を捨てるならこのお店の前で捨ててほしい(笑)
なずなさんにお願いしたい・・・どうか私を拾ってください。

こちらのお店は9月26日にOPENされたばかりですが、
その前は約1年間、ご自宅のリビングでおうちショップをされてました。

ご自分で壁をぶち抜いたり、床板を貼ったり、窓枠を取り付けたり、
タイルでテラスを作ったり、ウッドデッキを作ったり・・・etc,etc
そのずっと以前からもDIYの枠を超えた職人技を楽しませて頂いてたのですが
店主のmammyさんは、そんな事が出来そうには見えない可愛くて優しい雰囲気の方でした。

全部は無理なので、私が選んだモノです。
DSCN3631.jpg

京都の老舗金網細工 辻和金網さんの焼き網。
オリーブの木のトレイ
奈良の蚊帳ふきん
棕櫚のたわし
柄の短いデッキブラシ


袋の中身はダンナが誕生日のプレゼントに買ってくれたもの♪

和歌山県の陶芸家、石田佳織さんのうるしの器
DSCN3640.jpg
軽くて、手にすごく馴染みます。
こういう作品が作れるようになりたい。。。

栃木県のガラス作家、伊藤亜木さんのカップ
DSCN3632.jpg
気泡がキレイ~
赤ワインを飲みたいナ。。。

どちらも、写真ではこの素晴らしさを表現できない
ほんとにちょっとやそっとでは出会えないって感じます。

もう本気で幸せな1日でした




余韻を残しながら、帰路に着いたのですが・・・
高速がすごく混んでいるので、しばらく下道を走ってみようということになり
有田までの道のりを楽しみました。
そのお話はまた。。。





今日は、法事があり高野山へ行ってきました。

P1020706.jpg
小雨の降る高野山は想像以上に寒かった~

P1020708.jpg
風情あるお寺の中庭、苔と紅葉がきれいでした。
こちらのお寺で頂いたお食事は凄く美味しかったです。
精進料理なのに豪華でした。
P1020707.jpg
奥の院は雨にもかかわらず、すごい人でした。
ツアー客が多いんですね。
P1020714.jpg
帰り道で見つけたデカイ蛙。
何回も行ってるのに初めて気づきました。
P1020721.jpg


帰ってきてから、この1週間の疲れがドッと押し寄せてきたのですが、
外食に行く気にもなれず、結局あり合わせの晩御飯。

焼き塩鮭と、水菜のおひたしと、具だくさん豚汁と
↓コレ!昨日の夜、ダンナと一緒に作った『切干大根の南蛮漬け』
P1020723.jpg
“上沼恵美子のおしゃべりクッキング”で見て、美味しそうだったので
HPのレシピを見ながら作ったのです。
P1020725.jpg
ホントはきくらげも入れるんですが、きくらげって国産ないの???
なので、きくらげ抜きですが、イケますぞー

yuko
今日は、実家の両親と一緒にちょっとした日帰り旅行へ行って来ました。

高野山でお昼ご飯を食べ・・・
P1010842.jpg
龍神スカイラインをひたすら走り
P1010848.jpg
今日一番のお目当ての日本三美人の湯『龍神温泉』元湯
お肌がスベスベになりますのよ~♪
毎日入ってたら、本当に美人になれそう。
P1010850.jpg

父は弟夫婦と同居してから車を手放したのと、弟のお嫁さんもたまにはゆっくりしたいやろうと
ダンナが気を利かせて連れてってくれました。ありがとね~
両親がここのお湯がお気に入りで、私は以前に一度連れてってもらったことがあったのですが
ダンナは初めて。「お湯はよかったけど、遠いな~」
往復200㌔近く・・・また連れてってくれるかな~

P1010853.jpg

***yuko***

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。